スペインに高校留学して失敗した話

留学と言えば思い浮かぶのはアメリカ合衆国やカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど英語が公用語の国で、ヨーロッパに行くなら普通はイギリスやアイルランドなど英語圏の国が人気です。友達が誰も行かないような珍しい国に留学してみたい、サッカーや芸術など特殊な分野で興味のある国に行ってみたいなど特別な希望があるときには英語圏以外の国も高校留学の候補になるので最近はチャレンジする人も増えています。中でも人気があるのは南欧の国スペインで、情熱的な雰囲気や世界的に人気があるサッカーチームやスター選手、美味しい料理などが魅力的です。しかし、下調べや準備をしっかり行わずに軽い気持ちで留学すると現地で思うように行動できず、失敗してしまうケースもあります。

英語が通じなくて困ってしまうパターン

アメリカやイギリスに高校留学する場合は公用語が英語なので、日本の学校の授業で習って覚えた英語の知識を活かして最初からある程度の会話や生活が可能です。しかし、英語が公用語ではない国に行った場合は当然現地の言葉を使う必要があり、特に田舎のお店や駅などでは全く英語が通じないこともあります。スペイン語の基礎知識を全く持たずに渡航してしまうと、外国ならどこでも英語が通じると勘違いして失敗することが多いので気をつけましょう。文法や発音も英語とは異なり、単語も違うのでいきなり現地で覚えようとしても苦労します。英語圏以外の国に留学するときには共通のルールですが、その国の公用語を必ず少し勉強して準備しておくことはとても大切で、最低でも挨拶程度は覚えて行くのがマナーです。

メンタリティーの違いに戸惑うことも

スペインに高校留学をすると、現地の人々のメンタリティーが日本人とかなり違うことで戸惑うことがあります。明るくて陽気な人が多い国なので、同世代の学生もみんなオープンで積極的に行動するため引っ込み思案の日本人はなかなか雰囲気に馴染めず、会話に入っていけなかったり一人だけ浮いているような気持ちになってしまいます。言葉の壁もあるので友達ができず、みんなが夜遅くまで遊んでいるのに自分は仲間に入れない失敗や、夜遅くに始まるサッカーの試合やコンサート、深夜近くに晩ごはんを食べに行く習慣などが理解できずイベントを逃してしまうこともあります。渡航する季節にもよりますが、特に夏場は夜から本当の自由時間が始まるので、友達と出かけるときは日本の感覚とかなり違うことを頭に入れておきましょう。