訴求として法被が利用される場合について

お祭の時などに着る正装として法被などがありますが、最近はお祭以外でも様々な場所で利用されてきています。応援の際にきるユニフォームなども有名ですが、最近では訴求の際に利用する会社もとても多いです。特に家電量販店などや大売り出しといったイベントなどに、スタッフの方が法被を着ている姿を良く目にします。理由としては独特のデザインとして前が大きく空いているのでスタッフ自体が動きやすいという点があります。お客様をすぐに案内できるといったメリットがあります。他にデザインなどを目立つ色や大紋に当たる箇所に安売や特売といった文字にすることで、お得からでも目立つので宣伝効果や、お客様への目印にもなります。最近では販売店のスタッフ衣装として法被を取り入れている所も多いです。なにか特別な事をやっているというアピールが、着ているだけでも伝えられるという点も大きいです。

法被の正しい着方について

法被は様々な場面で利用されるようになっており、着方にも様々あります。イベント会場や応援に訴求といった場合に使用される時は、帯などは締めずに前部分が開いた状態できている人が殆どです。そのほうが動きやすいと言う事もありますが、帯が締めてしまうと周りにあまり目立たなくなってしまうので、あえてひらひらさせて宣伝効果などに利用しています。ただしお祭の場合は帯で締めることが基本となります。お祭の状況みもよりますが、身なりをピシッと整えて神輿などを担ぎやすいように着るのが正しいです。法被を帯で締める際は、左側の襟を上にして帯をするのが正しい着方になります。和装用語では右前と呼ばれているので混乱する人も多くいますが、自分自身が着た状態で左腕側の部分が上に来るようにきます。右側が上の状態で着るのは亡くなった人になってしまうので、注意して正しい着方をするようにすることが大切です。

法被を着る際につける帯について

法被を着る場面がイベント会場でのスタッフだったりスポーツでの応援などの場合は、帯などでしめずにヒラヒラとさせた状態が多いです。ですがお祭の場合はやはり帯を利用して、しっかり法被をとじて着るようにします。その際に利用する帯ですが、色々な種類があります。代表的なのがひらくげ帯や角帯や巻き帯などがあります。大人の男性などであれば、ひらくげ帯や角帯などがおススメです。帯自体が四角く丈夫なつくりなどで、しっかりと締めることができます。またデザインなどもとても豊富なので法被事態のデザインなども考慮して選ぶようにするのが良いです。大人の女性であっても利用するのに問題ないです。子供の場合であれば巻き帯がおススメです。柔らかく広範囲をしっかり止めることができるので、激しく動いてもしっかり締めておけるのが特徴です。大人の女性がつけても良いです。