法被についてあなたはどれくらい知っていますか

「ハッピ」と言われて何を想像しますか。ハッピは「法被」とも書きますし「半被」とも書きます。日本の伝統衣装の一つですね。祭などの際に着用したり、職人さんなどが着用する印半纏の総称が「ハッピ」です。一般的には、腰丈または膝丈の羽織で、襟の折返しも胸紐もなく筒袖や広袖の単純な形をしているのが特徴です。もともとの生い立ちは、武士が家紋を大きく染め抜いた法被を着用したのに始まると言われています。では「法被」と「半被」はどう違うのでしょうか。前者は、丈が尻部分まであって長い、脇が空く襠がある、広い裾、袖が長い、胸紐が有る、襟を反してして着用、それにひきかえ後者は丈が尻の上までで短い、脇に襠がない、袖が短く袖口が小さい、胸紐が無い、襟を反しては着ない。そして前者は武士など当時のお金持ちに限定されて着られ、後者は庶民が着ていたそうです。興味深いですね。

法被の注文についてのこと

お祭りや様々な行事で法被を作ることがあります。一から自分たちで作るのもありです。そこまで難しいわけではないですから、生地から作るわけではないのであれば、そこそこのスキルがあればできます。しかし、一律で数十枚、ということになりますと厳しいです。一枚二枚であれば個人でも出来るでしょうが、集団で使うのであればやはり業者に依頼したほうがよいです。それが賢明なやり方であるといえます。確かに結構な金額になってしまうわけですが、それでも手っ取り早いです。また、文様など細かく注文ができるところも多く、便利であることは間違いないです。費用がかかるとしてもそうした行事であるわけですから、そこまでケチケチしないほうがよいです。法被一つで雰囲気が変わるわけですから、楽しみたいのであれば見栄えのする物を作るべきです。

法被の便利さと使いやすさ

法被姿の人が、目立つようになって来ています。お祭りの時にに着るのが定番だったものが、今ではいろいろな所で見かけるようになりました。それだけ、使い方があり、利用方法があるのでしょう。その多く見られる場所のひとつに、観光地があります。特に老舗旅館と言われるような所で、外国人観光客が多く訪れる宿泊施設で働く人が、この法被を着ていることが多くみられます。上着のように、キチンと着こなすものではありません。ワイシャツの上に重ね着をするだけ、働く人に見えて来るのが、法被の良い所なのでしょう。自社の宣伝にもなりますし、イベントなどを行なう時にも目立つ作りが出来、便利なものとして着られることになっているのでしょう。また、別な場所としては、展示場や販売会を行なっている会場で着られることも、多くなっています。使い勝手が良く利用されやすいと考えられます。